第二章  英語の成績を変えられる勉強法

P1030019

第二章  英語の成績を変えられる勉強法

 

3倍速く正確に英文が読めるようになる画期的方法

 

「英語長文が苦手なんです」

「模試で、英語長文で、時間が足りなくて、点が取れません」

「なんとなく意味は分かるんですが・・・・・・知らない単語も多くて」

受験生の多くが、毎年毎年、同じような相談をしてきます。

 

そして、多くの学校の先生や、先輩、自分よりも成績のいい友人は次のように答えます。

「まずは、単語力をつけなさい。この単語集を覚えなさい」

あるいは、

「文法や、構文の理解があいまいなんだよ。この、問題集をやったら?」

「とにかく、辞書を引いて引いて引きまくって、授業の予習をしてきなさい」

こういう答えが返ってきます。

まあ、一般的に考えれば、もっともなことなので、そのとおり実行しようとします。

しかし、単語集や文法問題集、構文集などを完璧に覚えて、そのあと、長文読解までマスターできるのは、せいぜい受験生全体のうちの二割くらい。残り八割の受験生は、結局、中途半端なまま、入試本番を迎えることになってしまう。

これらのアドバイスは、英語の先生の立場からしてみれば、正しい。確かに、単語力を身につけて文法を理解し、構文をマスターすれば、英文は読めるようになります。ただし十分な時間があるならば。

しかし、はっきり言いましょう。時間制約のある受験生にとって、英語以外の科目も多く勉強しなければならない受験生にとって、これらのアドバイスは、現実的ではない、はっきりいってしまえば、的外れなアドバイスといえるでしょう。

 

通信添削にしても、かなりの程度、自分ひとりで英文が読めることが、前提となっています。きわめて少数の人にとっては、役に立つ。

問題集もかなりの程度、自分ひとりで英文がを読めることが、前提となっています。だから、問題集を購入した人のうち、八割の人は、その問題集を自分一人でこなすことができない。

よく売れている英文読解の問題集も、使いこなせる人は全体の二割でしょう。ある程度英語力のある人でなければ、こなせない内容だからです。

一般的に、予備校の「英文読解の授業」もかなりの程度、自分ひとりで英文が読めることが、前提となっています。確かにパラグラフリーディングとか、ニュアンスとか、きれいな訳とか、予備校講師の授業の中には、すばらしい授業もあります。

しかし、その多くは「ある程度英語が得意で、得意な英語をさらに磨きをかけようとしている人にとっては(すばらしい授業)」という前提を忘れてはいけません。

「あの先生の授業、分かりやすい」

「あの講座は役に立つ」

ということを聞いたら、たいがい期待通りのことが多い。

しかし、「自分は、英語が得意とはいえない」となると、話は別。成績のよい友人から、

「あの先生の授業、役に立った」

というのを聞く。

それで、その講座を受けてみる。しかし、自分にはさっぱり分からない。

そんなことが少なくありません。

 

学校のリーデイング(英文読解)の授業に関しては、先生がただ訳を言っているだけ。しかも、意訳という場合が多い。時間的な制約もあるから仕方ないのかもしれません。

とはいえ、書店に行けば、さまざまな英文読解の参考書が並び、予備校の授業も多くの中から選べます。英文法や語法などの問題集や英単語集などは、一見、すばらしくまとめられたものも多い。

しかし、英文読解に関しては、優れているといわれている、あるいは、売れている参考書の多くは、すでに「英語が得意な人向け」なのです。

 

「予習、予習といわれるけれど、どう予習すればいいか分からない」

「あまりにも、英文法や単語を知らなくて、読解の説明を聞いても何がなんだか分からない」

「パラグラフリーディングとかなんとか言う前に、書かれている英文一文一文の意味が分からない」

このように、本当に困っている受験生、やる気はあるのに、英文読解に関しどうしていいのか分からない受験生が、実は、一番多いことを私はうすうす感じていました。

 

「先生、英語がどうにもならないんです。受験科目に英語がない大学なんて、ないですよね」

K君の本気で悩んだ表情を見て、「ナントかしてあげなければ・・・・・・」と強く感じました。

何かいい方法がないだろうか、

 

>>>>>>>>>>>>>続きは、書籍「成績を5日で変えられる本」をご覧ください。

関連記事

ページ上部へ戻る